コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如水宗淵 じょすいそうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

如水宗淵
じょすいそうえん

室町時代の画僧雪舟の弟子。相模の人で,円覚寺の僧となり蔵主の役についた。周防山口の雪舟に絵を学ぶ。東京国立博物館蔵の雪舟筆『破墨山水図』は明応4 (1495) 年宗淵が帰郷の際,印可の意味で雪舟が与えたもの。遺作に円覚寺の『跋陀婆羅像』『山水図』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

如水宗淵 にょすい-そうえん

?-? 室町-戦国時代の画僧。
臨済(りんざい)宗。鎌倉円覚寺の蔵主(ぞうす)。周防(すおう)山口の雪舟等楊(せっしゅう-とうよう)に師事して画法をまなび,明応4年(1495)印可の証(あかし)として「破墨山水図」をあたえられた。京都で活動し,宗淵あての雪舟の手紙がのこっている。作品に「跋陀婆羅(ばつだばら)像」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

如水宗淵

生年:生没年不詳
室町後期の画僧。鎌倉円覚寺の蔵主。周防(山口県)山口へ赴いて雪舟に師事する。著名な雪舟筆「破墨山水図」(東京国立博物館蔵)は,明応4(1495)年,画技の習熟を認められて印可として宗淵に与えられたものである。以後,京都と鎌倉で活動した記録がある。明応9年11月22日付の雪舟から京都の宗淵に宛てた書状(梅沢記念館蔵)が伝わり,弟子を思いやる晩年の雪舟の心情がうかがわれて興味深い。雪舟画風をよく継承したひとりである。「跋陀婆羅尊者像」(円覚寺蔵),「竹に叭々鳥 蓮に鶺鴒図」(東京国立博物館蔵)など10点余りが現存する。<参考文献>『水墨美術大系』7巻

(山下裕二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

如水宗淵の関連キーワード戦国時代臨済

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android