如法(読み)ニョホウ

デジタル大辞泉の解説

にょ‐ほう〔‐ホフ〕【如法】

[名・形動]
仏語。仏の教法にかなっていること。
文字どおりであること。また、そのさま。「如法の闇」
穏やかであること。柔和であること。また、そのさま。
「―なる気もまる額、にこやかに」〈浄・今宮の心中

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にょほう【如法】

( 名 ・形動ナリ )
〘仏〙 仏の教えどおりである・こと(さま)。 「功徳も御祈りも-に行はせ給ひし/大鏡 頼忠
柔和なこと。温厚篤実なこと。また、そのさま。 「その身の-なるに任せて/御伽草子・羅生門」
(副詞的に用いて)もちろん。もとより。 「 -夜半のことなれば、内侍も女官もまゐりあはずして/平家 11

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にょ‐ほう ‥ホフ【如法】

〘名〙 (形動)
① 仏語。
(イ) きめられた法式どおりにすること。仏の教法どおりにすること。また、そのさま。
※霊異記(810‐824)下「如法に写し奉る法華経、火に焼けぬ縁」 〔無量寿経‐下〕
(ロ) 僧の行状のよいこと。また、そのさま。〔俚言集覧(1797頃)〕
② いつものとおりであること。型どおりのさま。尋常。
※殿暦‐長治元年(1104)一〇月三〇日「泰山府君祭、陰陽師泰長、祭物如法也」
③ おだやかなさま。また、まじめなさま。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浄瑠璃・今宮心中(1711頃)上「菱屋介五郎は如法なる気も丸額にこやかに」
④ どういう点から見てもそうであるさま。
※たけくらべ(1895‐96)〈樋口一葉〉九「一人は如法(ニョハウ)の変屈ものにて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

如法の関連情報