コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妊産婦体操 にんさんぷたいそうprenatal exercise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妊産婦体操
にんさんぷたいそう
prenatal exercise

出産の際,子宮口が完全に開くまでは,産婦はなるべく力を抜き,リラックスしていたほうがよい。このときに起る疼痛に対しては,腰部を圧迫したり,マッサージすると効果がある。子宮口が開いて胎児を娩出する第2期に入ると,子宮の収縮 (陣痛) に合せて腹圧 (いきみ) を加える必要があり,児頭を娩出するときには,力を抜き,短い呼吸をしたほうがよい。これらの呼吸法やいきみの練習などをまとめて一連の妊産婦体操が考案されており,一種の和痛分娩法ともいえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

妊産婦体操の関連キーワード無痛分娩

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android