妙宏(読み)みょうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妙宏 みょうこう

1785-1842 江戸時代後期の僧。
天明5年生まれ。天台宗。京都岩倉の大雲寺不二坊でまなぶ。正教院住職をへて,上野(こうずけ)(群馬県)桐生の光性寺住職となる。国学もまなび,江戸の小山田与清(ともきよ)と文通した。天保(てんぽう)13年8月4日死去。58歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。字(あざな)は良湛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android