コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙葩 ミョウハ

大辞林 第三版の解説

みょうは【妙葩】

1311~1388) 鎌倉末期・室町初期の臨済宗の僧。甲斐の人。字あざなは春屋しゆんおく。諡号しごうは普明国師。夢窓疎石の甥でその法を継ぐ。等持寺・天竜寺・臨川寺に歴住。足利義満に招かれ相国寺第二世となる。五山文学の発展に寄与。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の妙葩の言及

【春屋妙葩】より

…南北朝時代の五山の代表的禅僧。諱(いみな)は妙葩,字は春屋。居所を芥室といい,みずから不軽子,西河潜子と称した。…

※「妙葩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

妙葩の関連キーワード玉【えん】梵芳12月22日智覚普明国師南北朝時代玉えん梵芳六角氏頼玉畹梵芳汝霖良佐用健周乾厳中周噩大喜法忻一源会統北山文化愚中周及義堂周信慶中周賀南英周宗竜湫周沢円鑑梵相春屋妙葩

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妙葩の関連情報