コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙順 みょうじゅん

2件 の用語解説(妙順の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妙順 みょうじゅん

?-? 室町-戦国時代の尼僧。
紀伊(きい)新宮(和歌山県)妙心寺を拠点とした熊野比丘尼(びくに)。熊野速玉大社の摂社神倉神社の再興のため,延徳元年(1489)より諸国をめぐり勧進した。享禄(きょうろく)4年(1531)再興を成就。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

妙順

生年:生没年不詳
戦国時代の熊野比丘尼。紀伊(和歌山県)熊野にあった妙心寺を拠点に,熊野三山の堂宇修造の勧進を任務とした,いわゆる本願尼としての活動が知られる最初の女性。大永年中(1521~28)から享禄4(1531)年まで,神倉社の社殿再興のために,弟子の祐珍と共に諸国を勧化し,奉加を募った。<参考文献>『熊野年代記』,萩原竜夫『巫女と仏教史』

(牛山佳幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone