身を固める(読み)ミヲカタメル

精選版 日本国語大辞典の解説

み【身】 を 固(かた)める

① 身の守りを固くする。振舞いを固くつつしむ。身持をよくする。
※源氏(1001‐14頃)常夏「いとさかしく身かためて、不動の陀羅尼よみて印つくりて居たらむも、にくし」
② 身なりを整える。しっかりと身じたくをする。また、武具などを身につける。
※観智院本三宝絵(984)中「ねやをとぢ、あなをふたぎて、身をかためてうちにこもれり」
③ 結婚して家庭を持つ。また、定職につく。
※新内・若木仇名草(蘭蝶)(1772‐81頃か)「やくそくかため身を堅め、世帯かためておち付て」
④ 身がまえる。
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)一「丈に等しき大石の、どうど落つるを身をかため、両手にしっかと、請け留めて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報