妻木頼利(読み)つまぎ よりとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妻木頼利 つまぎ-よりとし

1585-1653 江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)13年生まれ。妻木頼忠の子。旗本。元和(げんな)9年家督をつぎ,美濃(みの)(岐阜県)土岐郡に7500石を領し,寄合となる。大坂加番,焼失した近江(おうみ)(滋賀県)多賀神社造営奉行などをつとめた。承応(じょうおう)2年10月1日死去。69歳。通称は主水,権左衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android