コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妻鹿(めが)メロン

デジタル大辞泉プラスの解説

妻鹿(めが)メロン

兵庫県姫路市で生産されるウリ。同市飾磨区妻鹿で古くから栽培されているマクワウリの仲間。大きさは200~300g程度、果皮色は灰白色に浅い溝が入る。熟した果実を生食する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

妻鹿メロン[果樹類]
めがめろん

近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
主に姫路市妻鹿地区で生産されている。姫路市では1897(明治30)年頃からペッチンウリと呼んで栽培を続け、1930(昭和5)年に現在の名となった。重さ200g〜300gで、灰白色の果皮に緑色の浅い溝が10条ほどある。果肉は淡緑色で香り高く、甘みも強い。古くは盆の供え物に欠かせないものであったが、現在は数戸で栽培されているだけで、出荷はおこなわれていない。ひょうごの伝統野菜。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

妻鹿(めが)メロンの関連キーワード深志野メロン兵庫県姫路市

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android