姥捨山伝説(読み)うばすてやまでんせつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姥捨山伝説
うばすてやまでんせつ

歩けない老人を奥山に捨てる慣習に種々の事件が伴う伝説。その代表的なものが信州(長野県)更級(さらしな)の姨捨山(おばすてやま)にまつわる伝説である。
 伝説の型は二つある。その一は、昔、国王から老人は不要だから捨てよとの命で、ある孝行者は、この法令が守れず家の中にそっと隠しておいて、のちに他国からの難題を、隠しておいた老人の知恵で解き、褒美をもらった、という型。その難題には、蟻(あり)通し、木の本末の別、馬の親子や蛇の雌雄の識別、灰の縄、打たぬに鳴る太鼓など種々あり、昔話の「灰縄千束」「打たぬ太鼓に鳴る太鼓」などに変化したものもある。『俊秘抄(しゅんひしょう)』上や『袋草子』4に伝わる蟻通(ありどおし)明神の話や、謡曲『蟻通』にもなっている。難題型の棄老説話は『雑宝蔵経(ぞうほうぞうきょう)』巻1「棄老因縁」に基づくもので、『今昔物語集』巻5の32、『打聞集(うちぎきしゅう)』第7、『雑談集』巻4などに載せられる。
 その二は、『大和(やまと)物語』157段で知られる説話。信濃(しなの)のある男が親を失って姥をたいせつにしていたが、妻が憎むので捨てなければならなくなる。月夜に姨捨山に捨てるが、耐えきれず、「我が心なぐさめかねつ更級や姨捨山に照る月を見て」の歌を詠み、迎えに行ったということになっている。昔話では、山の神から打ち出の小槌(こづち)を入手する縁となる「老婆致富型」、親が背負われながら子の帰途が迷わぬように枝を折ってゆく「枝折り型」、親を運んだもっこで逆に諭される「親捨てもっこ型」の三つを後者から分け、これらに上述の「難題型」を加えて、4型に分類している。[渡邊昭五]
『大島建彦著『姥棄山の昔話と伝説』(『説話と説話文学』所収・1979・笠間書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android