本末(読み)もとすえ

精選版 日本国語大辞典「本末」の解説

もと‐すえ ‥すゑ【本末】

〘名〙
① 本と末。上と下。先とあと。
※続日本後紀‐嘉祥二年(849)三月庚辰「其長歌詞曰〈略〉嬰児の 咳語に 折箸の 本末知らず 乱糸の 乱て有れど」
② 草木の根本(ねもと)枝葉。物の根本と枝葉。
※延喜式(927)祝詞「遠山・近山に生ひ立てる大木、小木を本末(もとすゑ)うち切りて」
※春泥(1928)〈久保田万太郎〉三羽烏「本末(モトスヱ)をはっきりと、立てるものは立て押へるものは押へた」
③ 歌の上の句と下の句。
※枕(10C終)二七六「はづかしき人の、歌のもとすゑ問ひたるに、ふとおぼえたる、我ながらうれし」
④ 神楽(かぐら)の拍子で本方(もとかた)と末方(すえかた)との称。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「もとすゑもたどたどしきまで酔ひすぎにたる神楽おもてども」
物事の始めと終わり。事のいきさつ。
※浮世草子・好色一代男(1682)三「恋のもと末(スヘ)もなく、夢もむすばずありしに」

ほん‐まつ【本末】

〘名〙
① もととすえ。はじめとおわり。始終ほんばつ
法華義疏(7C前)一「釈迦仏門 先嘆権智後嘆実智者 諸仏門先実後権者 欲本末唯有本故有末」 〔易‐大過卦〕
本山末寺

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本末」の解説

もと‐すえ〔‐すゑ〕【本末】

本と末。上と下。また、先とあと。
草木の幹と枝葉。また、上枝と下枝。
物事の根本と枝葉。大切なこととそうでないこと。ほんまつ。
物事の始めと終わり。また、始めから終わりまで。一部始終。顛末。
「はかない恋の―をかきくどいているところへ」〈中勘助・鳥の物語〉
宮廷の御神楽みかぐらの演奏で、本方と末方。
歌の上の句と下の句。
「歌の―問ひたるに」〈・二七六〉

ほん‐まつ【本末】

物事の始めと終わり。
物事の根本と枝葉。重要なこととささいでつまらないこと。「本末を誤る」
本山と末寺。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「本末」の解説

【本末】ほんまつ

根本と末端。始終。厚薄。〔大学、一〕物に本末り、事にり。先後するを知れば、則ちし。

字通「本」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android