コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姫岡勤 ひめおかつとむ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姫岡勤
ひめおかつとむ

[生]1907.11.14. 大阪
[没]1971.10.19. 京都
社会学者。京都帝国大学卒業。関西大学教授を経て台北帝国大学講師,民族研究所所員になり,1949年京都大学教授。社会学の立場から諸民族の社会構造の一般的性格を明らかにしようとして,それを狭小性,封鎖性,等質性,平等性において規定しようとした。また,日本の現代家族の変動について関心を寄せ,意識調査などを実施した。主著未開社会の構造』 (1946) ,『文化人類学説』 (67) ,『家族-その理論と実態』 (71,上子武次と共編) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

姫岡勤の関連キーワードマリノフスキー(Bronislaw Kasper Malinowski)家族社会学合同家族

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android