コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姫神/比売神 ヒメガミ

2件 の用語解説(姫神/比売神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひめ‐がみ【姫神/比売神】

女神。また、彦神(男神)の配偶神。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

姫神
ヒメカミ


職業
シンセサイザー奏者 作曲家

本名
星 吉昭(ホシ ヨシアキ)

生年月日
昭和21年 3月16日

出生地
宮城県 栗原郡若柳町

学歴
若柳高卒

経歴
高校卒業後上京、昭和46年ビクターの主催する電子オルガンの全国コンクールで優勝してプロとなる。その後、同社の音楽教室の嘱託となり、盛岡市の音楽教室に赴任。4年で嘱託を辞めて岩手放送を中心に活動を始め、55年フュージョングループ“姫神せんせいしょん”を結成。56年アルバム奥の細道」でデビュー。59年独立、“姫神”の名で岩手県東和町を拠点に曲ごとにメンバー入れ替えて世界各地で演奏活動し、東北の伝統芸能や民謡・俗謡に触発され自ら“北人霊歌”と称する独創的なシンセサイザーサウンドを創り上げた。NHKテレビ「ぐるっと海道3万キロ」を始め、テレビ・ラジオ番組、CMのテーマ曲も数多く手がけ、平成9年ドキュメンタリー番組「神々の詩」のテーマ曲が評判を呼び、10年同曲を収めたアルバム「縄文海流」で日本レコード大賞企画賞を受賞。12年日本人として初めてエジプト・ギザの3大ピラミッド前でコンサートを行った他、欧州やアジアでも公演を行い、高い評価を得た。代表作に「まほろば」「北天幻想」「姫神風土記」「神々の詩」、アルバムに「マヨヒガ」「森羅万象」「SEED」「青い花」などがある。

受賞
日本レコード大賞(企画賞)〔平成10年〕「縄文海流」,日本レコード大賞(特別功労賞)〔平成16年〕

没年月日
平成16年 10月1日 (2004年)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

姫神/比売神の関連キーワード姻族配偶体弥彦神社配偶者控除女神配偶傍系姻族有性生殖己妻彦神

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone