コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青い花 アオイハナ

8件 の用語解説(青い花の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あおいはな〔あをいはな〕【青い花】

《原題、〈ドイツHeinrich von Ofterdingenノバーリスの未完の小説。1802年刊。無限へのあこがれの象徴としての青い花を求めて旅をする物語。ドイツロマン派の詩の精神と愛を象徴する語となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

青い花【あおいはな】

ノバーリスの小説《ハインリヒフォンオフターディンゲン》(1802年)に文学・詩の象徴として出てくる花で,それ以来ロマン主義文学の,またその無限へのあこがれの象徴とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

青い花

日本のテレビアニメ。放映はフジテレビほか(2009年7月~9月)。原作:志村貴子による漫画作品。制作:J.C.STAFF。

青い花

志村貴子による漫画作品。湘南・鎌倉を舞台に、別々の女子校に通う二人の少女を中心に、女性同士の恋愛と友情を描く。『マンガ・エロティクス・エフ』第30号(2004年11月)から連載開始。太田出版Fxコミックス既刊6巻。2009年、フジテレビ系列でアニメが放映された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あおいはな【青い花 Die blaue Blume】

ドイツ・ロマン派のノバーリスの小説《ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン》(未完,1802発表,邦訳名《青い花》)の冒頭で主人公ハインリヒが見る〈青い花〉の夢に由来する語。〈青い花〉の形姿は少女マティルデの形姿と重なり,同時に生と死を超越する〈永遠なるもの〉を暗示する。ここから〈青い花〉の語はロマン主義文学の根本理念である〈無限なるものへの憧憬〉を象徴する語となった。主人公が〈青い花〉を愛しつつ詩人として成長してゆく過程で,愛と詩の神秘的な力が強調され,ポエジーこそ精神と自然,人類と世界,永遠と時間の根源的な統一へ,つまり〈黄金時代〉へ人間存在が回帰してゆく歴史の神秘を啓示する力にほかならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あおいはな【青い花】

ノバーリスの小説。未完。1802年刊。「青い花」は到達しえない理想の象徴であり、ドイツ-ロマン主義の異名ともなった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青い花
あおいはな

ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青い花
あおいはな
Heinrich von Ofterdingen

ドイツ・ロマン派の詩人ノバーリスの未完の小説。1802年刊。原題『ハインリッヒ・フォン・オフターディンゲン』は主人公の名。ハインリッヒはある朝、青い花の夢をみて心ひかれる。やがて彼は旅に出て、青い花に面ざしの似た少女やさまざまな人に出会い、不思議な経験を重ねていくが、それは、夢にみた青い花を求める憧憬(しょうけい)の旅であり、自身が詩人となりゆくための旅路であった。この小説は、当時出版されたゲーテの『ウィルヘルム・マイスター』に多くを学びつつも、それが詩的でないことに不満を抱いたノバーリスの意欲的な作品で、不思議な童話が挿入されるなど、全体が詩的、童話的となっている。[今泉文子]
『小牧健夫訳『青い花』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の青い花の言及

【教養小説】より

…また,ヘルダーリンの《ヒュペーリオン》(1797,99)の主人公は,自由な個人の存在を可能にする理想の国家の実現をめざしてギリシア独立戦争に参加しながら,戦争の現実に絶望して隠者となり,自然の美しさのなかにわずかな慰めを見いだす。また,ノバーリスの《ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン》(1802,邦訳名《青い花》)は〈期待〉と〈実現〉の二つの部分からなるが,〈実現〉は未完のままで終わっている。これらの教養小説は,自己形成が既存の社会のなかでは不可能であることをその結末において示していることになるが,それだけでなく,《ウィルヘルム・マイスター》の〈遍歴時代〉や《ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン》の〈クリングスオール・メルヘン〉の場合には,その構成がきわめて複雑にならざるをえなかったことが,主人公の自己形成の可能性を追求することの困難を告白しており,また《ヒュペーリオン》にはドイツの社会の現実に対する呪詛が書きこまれている。…

※「青い花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青い花の関連キーワードアテネーウムアルニムシュポーアノバーリスイッヒロマンロマン派マゲローネのロマンスイギリス・ロマン派学会小牧健夫ドイツ・ロマン派

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青い花の関連情報