婦人俱楽部(読み)ふじんクラブ

世界大百科事典 第2版の解説

ふじんクラブ【婦人俱楽部】

1920年10月に講談社から創刊された女性雑誌。生活実用雑誌として実績をかさね,《主婦の友》と並ぶ,日本の主婦向け雑誌の代表として現在に至る。大正から昭和にかけて,菊池寛久米正雄佐藤紅緑,吉屋信子らの通俗小説の発表機関としても隆盛した。45年の敗戦前後には休刊したこともあったが,まもなく平常に復帰。以後は,女性雑誌界全体の動向に応じて,誌面の内容や判型を変え,安定した読者層を維持していたが88年3月廃刊。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の婦人俱楽部の言及

【女性雑誌】より

…とくに《婦人公論》は,第2次世界大戦前から戦後にかけて,女性をめぐる諸問題の論争に舞台を提供してきたが,1960年代に性格を変え,これに代わって,評論機能をになっているのは,70年代初頭のウーマン・リブ運動に触発された群小のミニコミ誌である。 第2の系譜は,いわゆる〈婦人雑誌〉を含む主婦向けの生活実用雑誌で,1917年主婦の友社が創刊した《主婦之友》,20年に講談社から発刊された《婦人俱楽部》の2誌を主軸にして,長いあいだ女性雑誌界の主流をなしてきた。その特色は,家庭生活の全ジャンルを網羅する実用主義にあった。…

※「婦人俱楽部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android