コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの躁うつ病 こどものそううつびょうManic-depressive Psychosis in Childhood

家庭医学館の解説

こどものそううつびょう【子どもの躁うつ病 Manic-depressive Psychosis in Childhood】

[どんな病気か]
 躁うつ病(気分障害(きぶんしょうがい))は、喜びや悲しみといった感情が、出来事や体験の程度を超えて激しく長く続くもので、しばしば躁とうつの相をくり返す病気です。
 一般に躁うつ病は、統合失調症よりもさらに後の年齢に発病することが多く、思春期以前の子どもにみられることはまれです。しかし、小・中学生などで不登校(ふとうこう)のような状態を示しながら、うつ病である場合などがあるので、児童精神科医の診察を受ける必要があります。
[検査と診断]
 子どもにとって、感情の変化をことばとして語ることはむずかしいものです。口数が減り、元気がなく、成長期にもかかわらず体重が増えない、不眠あるいは睡眠過多など、行動や身体状況などの異常に注意する必要があります。
 また、うつ病でありながら、いらいらしたり、落ち着きなく動き回ることも子どもでは珍しくありません。
[治療]
 抗うつ薬などによる薬物療法、本人への心理的な支えが治療の主体です。躁状態うつ状態の強いときは、学校や習い事を休ませることも必要です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android