躁状態(読み)ソウジョウタイ

  • ×躁状態
  • そうじょうたい サウジャウタイ
  • そうじょうたい〔サウジヤウタイ〕

デジタル大辞泉の解説

気分が著しく高揚した状態。陽気で開放的になり、興奮したり怒りっぽくなるなど、普段とは違う状態が続く。自信に満ちあふれ、いつもより多弁になるが、話題は次々と変わり、他人の意見に耳を貸さなくなる。睡眠時間が短くても平気で、自制がきかなくなり買い物やギャンブルに大金を使うなどして、社会生活に支障をきたすことがある。双極性障害躁鬱病(そううつびょう))の主要な症状だが、他の疾患や薬物の影響などによっても起こる。→躁病軽躁状態

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

気分が高揚し意欲の亢進こうしんや思考の促進がみられる精神状態。爽快感があり、多弁で話の内容は誇大的、時に観念奔逸がある。活動性は高まるが行動に統一性がなく抑制がきかない。躁鬱そううつ病の典型的症状であるが、身体疾患やアルコール酩酊状態でもみられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 躁鬱病の躁の状態。感情が爽快で意欲が高まり、多弁多動、じっとできないで注意がすぐ別のものに向けられていく状態。
※聖少女(1965)〈倉橋由美子〉三「ぼくを鬱状態から躁状態に転換した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

躁状態の関連情報