コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孔広森 こうこうしんKong Guang-sen

1件 の用語解説(孔広森の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孔広森
こうこうしん
Kong Guang-sen

[生]乾隆17(1752)
[没]乾隆51(1786)
中国,清の学者,文学者。山東省曲阜県の人。字,衆仲,き約 (きやく) ,そん軒 (そんけん) 。孔子の子孫にあたる。乾隆 36 (1771) 年進士に及第,翰林院検討に補されたが,まもなく母の喪で官を辞し,郷里で学問と著述の生活をおくり,35歳で没した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

孔広森の関連キーワード談義本ナッシュ滑稽本波の伊八飯田口説亀田鵬斎彭城百川銅脈先生鳥居清長ボンヌ図法

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone