コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洪亮吉 こうりょうきつHong Liang-ji

3件 の用語解説(洪亮吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洪亮吉
こうりょうきつ
Hong Liang-ji

[生]乾隆11(1746)
[没]嘉慶14(1809)
中国,清の文学者,学者。江蘇省陽湖の人。字,稚存,君直。号,北江,更生居士。乾隆 55 (1790) 年進士に及第,翰林院編修,石経館収掌,貴州学政を歴任。嘉慶4 (99) 年政治を批判した上書で不敬罪となり新疆の伊犁 (イリ) に流されたが,100日で許され帰郷。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうりょうきつ【洪亮吉 Hóng Liàng jí】

1746‐1809
中国,清中期の学者。字は稚存,号は北江。江蘇省陽湖の人。乾隆55年(1790)の進士。皇曾孫の侍読をつとめたが,1799年(嘉慶4)時政を論じた上書で新疆イリ(伊犂)に流され,100日後,許され帰郷してから更生居士と号した。経学,史学,ことに地理学にくわしく,名勝志,遊記を多数書き,府県志を多く編纂している。若くして詩人の名があり,散文および駢文(べんぶん)作家としても知られる。《洪北江詩文集》66巻がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洪亮吉
こうりょうきつ
(1746―1809)

中国、清(しん)代の文人、学者。字(あざな)は君直(くんちょく)、稚存(ちぞん)。号は北江(ほくこう)、更生(こうせい)居士。江蘇(こうそ)省陽湖(武進)の人。1790年(乾隆55)の進士。翰林院(かんりんいん)編修、貴州学政などを歴任して皇孫の侍読を務めたが、1799年上書して不敬罪に問われ新疆(しんきょう)イリに流された。翌1800年赦免(しゃめん)されたのちは更生居士と号して著述に専念した。早くから詩人あるいは駢文(べんぶん)の大家として知られ、学者としても経学、地理学、史学に優れていた。『春秋左伝詁(こ)』12巻、『補三国疆域志(きょういきし)』2巻など多くの著述があり、『洪北江全集』に収める。[佐藤 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

洪亮吉の関連キーワードフェリペ穴井六郎右衛門児童文学三大名作塙保己一荒木田久老歌体約言勘六司天台富永仲基

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone