存置(読み)そんち

精選版 日本国語大辞典「存置」の解説

そん‐ち【存置】

〘名〙 (「ぞんち」とも) そのまま残しておくこと。主として制度・機関・設備などを廃止しないで存続させること。
※政治小説を作るべき好時機(1898)〈内田魯庵〉「正三位を拝受し護衛巡査を存(ゾンチ)し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android