コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残す/遺す ノコス

デジタル大辞泉の解説

のこ・す【残す/遺す】

[動サ五(四)]
あとにとどめておく。残るようにする。「放課後まで生徒を―・す」「メモを―・して帰る」
もとのままにしておく。「昔の面影を―・す」「武蔵野の自然を―・す地区」
全体のうちの一部などに手をつけないでおく。「食べきれずに―・す」「電車賃だけは―・す」
消さないでそのままにしておく。「証拠を―・す」「誤解を―・す」
後世に伝える。死後にとどめる。「偉大な足跡を―・す」「名を―・す」
ためこむ。「小金(こがね)を―・す」
相撲で、相手の攻めに対して踏みこらえる。「土俵際で―・す」
[可能]のこせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android