コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残す/遺す ノコス

デジタル大辞泉の解説

のこ・す【残す/遺す】

[動サ五(四)]
あとにとどめておく。残るようにする。「放課後まで生徒を―・す」「メモを―・して帰る」
もとのままにしておく。「昔の面影を―・す」「武蔵野の自然を―・す地区」
全体のうちの一部などに手をつけないでおく。「食べきれずに―・す」「電車賃だけは―・す」
消さないでそのままにしておく。「証拠を―・す」「誤解を―・す」
後世に伝える。死後にとどめる。「偉大な足跡を―・す」「名を―・す」
ためこむ。「小金(こがね)を―・す」
相撲で、相手の攻めに対して踏みこらえる。「土俵際で―・す」
[可能]のこせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

残す/遺すの関連キーワード虎を養いて自ら患いを遺す人は死して名を留む千里の野に虎を放つ死に花を咲かせる書き残す・書残す株を削り根を掘る食い残す・食残すクローバー耳に留める付け木突き化石構造土名を留める竹帛に著す食べ残し極め尽す思い残す跡を濁す食べ残す土俵際言尽す

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android