コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孝尋 こうじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

孝尋 こうじん

?-1428 室町時代の僧。
鷹司(たかつかさ)冬通の子。九条経教(つねのり)の養子。法相(ほっそう)宗。興福寺大乗院門跡(もんぜき)。嘉慶(かきょう)元=元中4年維摩会(ゆいまえ)の講師(こうじ)をつとめる。康応2=元中7年興福寺別当となり,応永元年再任された。大僧正。応永35年4月18日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

孝尋の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

孝尋の関連情報