コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懿徳天皇 いとくてんのう

6件 の用語解説(懿徳天皇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

懿徳天皇
いとくてんのう

第4代に数えられる大和朝廷の天皇。名はオオヤマトヒコスキトモノミコト。安寧天皇第2皇子,母は皇后ヌナソコナカヒメノミコト。大和国軽曲峡宮に都し,皇后をアマトヨツヒメノミコトという。陵墓は奈良県橿原市西池尻町の畝傍山南繊沙渓上 (みなみつまさごのたにのへ) 陵。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いとく‐てんのう〔‐テンワウ〕【懿徳天皇】

記紀で、第4代の天皇。安寧天皇の第2皇子。名は、大日本彦耜友(おおやまとひこすきとも)。皇居は軽曲峡宮(かるのまがりおのみや)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

懿徳天皇 いとくてんのう

記・紀系譜による第4代天皇。
父は安寧天皇。母は渟名底仲媛命(ぬなそこなかつひめのみこと)。伝説上の人物ともいわれる。「日本書紀」によると,都は軽(かる)の曲峡(まがりおの)宮。懿徳天皇34年9月8日死去。45歳(「古事記」)。墓所は畝傍山南繊沙渓上陵(うねびやまのみなみのまさごのたにのえのみささぎ)(奈良県橿原市)。別名は大日本彦耜友天皇(おおやまとひこすきとものすめらみこと)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

懿徳天皇

『古事記』『日本書紀』に第4代と伝えられる天皇。『日本書紀』によれば,安寧天皇と鴨王の娘淳名底仲媛命(事代主神の孫)との間に生まれた。大日本彦耜友天皇という。息石耳命という兄がいたが,安寧天皇死後,即位した。安寧天皇を畝傍山南御陰井上陵に葬り,軽(橿原市)に曲峡宮を営んだと伝えられる。

(大平聡)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いとくてんのう【懿徳天皇】

記紀所伝の第四代天皇、大日本彦耜友尊おおやまとひこすきとものみことの漢風諡号しごう。安寧天皇の第二皇子。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

懿徳天皇
いとくてんのう

皇室系譜に第4代と伝える天皇。『日本書紀』によれば、国風諡号(しごう)は大日本彦耜友尊(おおやまとひこすきとものみこと)、安寧(あんねい)天皇の第2子で母は渟名底仲媛命(ぬなそこのなかつひめのみこと)、安寧天皇11年に立太子、懿徳元年即位、同2年に軽(かる)(橿原(かしはら)市大軽町付近)の曲峡宮(まがりおのみや)に遷都して天豊津媛(あまとよつひめ)命を皇后とし、同34年に没して畝傍山南繊沙渓上陵(うねびやまのみなみのまなごのたにのかみのみささぎ)に葬られたという。『古事記』は母を阿久斗比売(あくとひめ)命、皇后を賦登麻和訶比売(ふとまわかひめ)命とし、45歳で没したと伝える。[星野良作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

懿徳天皇の関連キーワード安寧天皇開化天皇顕宗天皇孝安天皇孝元天皇孝昭天皇孝霊天皇成務天皇仁賢天皇履中天皇

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

懿徳天皇の関連情報