コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公帖 こうじょう

3件 の用語解説(公帖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公帖
こうじょう

公文 (くもん) ともいう。中世,仏,社寺のうち官寺住持の任命書。鎌倉時代には寺によって朝廷と武家からそれぞれ出され,建武中興期には朝廷から綸旨の形で出されたが,室町時代にはもっぱら将軍から出された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐じょう〔‐デフ〕【公×帖】

中世、禅宗官寺の五山十刹(じっせつ)・諸山の住持を任命する幕府の辞令。公文(くもん)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公帖
こうじょう

古文書の一形式。公文(くもん)ともいう。室町時代、禅宗寺院のなかの官寺の住持を任命する文書。室町幕府は、禅寺に五山・十刹(じっさつ)・諸山の寺格の制を定め、公帖を出してそれらの住持を任命した。室町中期以降、幕府は仏寺の造営修理などにあたって、その費用をつくりだす方法として、官銭を納めさせて、実際には入寺しない名目上の住持を任命する売官制度を盛んに利用した。このとき発給する公帖を、とくに坐(ざ)公文といった。[百瀬今朝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の公帖の言及

【公文】より

…したがって荘園現地の実質的支配権をめぐる鎌倉期における領家と地頭の争いは,しばしば公文の進退権をめぐって行われた。なお特殊な用例として,室町時代,五山・十刹・諸山など官寺禅院の住持の任命辞令(多くは幕府発行)を公文・公帖(こうじよう)といい,実際に入寺しない者に官銭を得るために出したものを売公文,入寺しない者を坐公文・居公文(いなりくもん)といった。公文所【工藤 敬一】。…

※「公帖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

公帖の関連キーワード公文奉行四度の公文富山県富山市公文名富山県富山市西公文名福井県あわら市公文福井県敦賀市公文名京都府舞鶴市公文名鳥取県東伯郡琴浦町公文岡山県津山市里公文岡山県津山市里公文上

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公帖の関連情報