(読み)き

精選版 日本国語大辞典「季」の解説

き【季】

〘名〙
① すえ。おわり。特に、兄弟、仲間などの人間関係のなかでもっとも若い者。
※寿阿彌の手紙(1916)〈森鴎外〉一四「長を山崎某と云ひ、仲(ちゅう)を鈴木某と云って、師岡氏は其季(キ)であった」 〔詩経‐魏風・陟岵〕
② 一年のうち、春夏秋冬の四時の各末の月をいう。陰暦の三月・六月・九月・一二月の称。〔北史‐魏本紀・孝文帝〕
③ 春夏秋冬の四時の一つをいう。
※令義解(718)公式「凡諸王五位以上。諸臣三位以上。致仕身在畿内。毎季。五位以上。毎年。並令内舎人一巡問。奏聞安不」 〔新唐書‐柳公権伝〕
④ 年月の区分にいう。
(イ) 一年を一季とし、半年を半季という。
※浮世草子・武道伝来記(1687)二「母人ふびんをくはへられ、季をかさねてつかはれしか」
(ロ) 盆、暮などの節季。「盆暮の二季」
⑤ 和歌集の四季による部立ての総称。
※正徹物語(1448‐50頃)上「季の巻頭を毎度人の辞退ある事、さはあるまじきなり」
※咄本・学習院本昨日は今日の物語(1614‐24頃)「御発句と御脇と、きのたがふたことは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「季」の解説

き【季】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]すえ
学習漢字]4年
春夏秋冬のそれぞれの時節。シーズン。「季候季節雨季夏季乾季四季冬季
四季のそれぞれの終わり。また、一時期の終わり。「季春季世節季
年月の区分。一年。「一季年季半季
俳句の題材となる四季の風物。季語。「季題無季
兄弟のいちばん下。末っ子。「季子伯仲叔季
[名のり]とき・とし・ひで・みのる

き【季】

1年を四つに分けた、春・夏・秋・冬のそれぞれ。
陰暦で、春・夏・秋・冬の末の月。3月・6月・9月・12月。
毎年、あることが行われたり、ある状態が続いたりする一定の期間。シーズン。
年月の区分にいう語。1年を1季とし、半年を半季という。
俳句で、四季やその景物を表す語。季語。季題。「が重なる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android