孤立無援(読み)こりつむえん

  • こりつむえん ‥ムヱン

大辞林 第三版の解説

仲間もなく、助けてくれる者がいないこと。 -で戦う

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仲間がいずに一人ぼっちで、援助する者のいないこと。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「又もや数年前の如き孤立無援の有様に陥り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

仲間がいずに一人ぼっちで、援助するのいないこと。

[活用] ―な・―の・―だ。

[使用例] 私はこの大きな都会真中真空のような場所でいま自分が孤立無援であることに、ぞっとした[伊藤整*若い詩人の肖像|1954~56]

[使用例] 日独伊同盟はすでに一片の反古になっていた。日本はもはや孤立無援の状態で、世界中どちらを見渡しても敵ばかりだけれど[阿川弘之米内光政|1978]

[解説] 「無援」は助けのないこと。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

孤立無援の関連情報