孤陋(読み)コロウ

大辞林 第三版の解説

ころう【孤陋】

世間から孤立していて、視野が狭いこと。 「独学-といへど/胆大小心録」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐ろう【孤陋】

〘名〙 世間からかけはなれ、心が偏狭であるさま。
※菅家文草(900頃)二・古石「若不孤陋、当歳後堅」 〔礼記‐学記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android