寡聞(読み)かぶん

精選版 日本国語大辞典「寡聞」の解説

か‐ぶん クヮ‥【寡聞】

〘名〙 (形動) 見聞がせまいこと。また、そのさま。知識の乏しいことを謙遜していう場合に用いることが多い。「にして知らない」
※三教指帰(797頃)下「旗蚊羽以標旅。杖我見戟。弄寡聞剣。攘霜臂。戦魍魎原
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「精細なる進歩を記するは最も難事たらざるべからず、加ふるに余の寡聞を以てす、焉ぞ其万一を窺ふを得ん」 〔礼記‐学記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「寡聞」の解説

【寡聞】か(くわ)ぶん

見聞がせまい。〔礼記、学記〕獨學にして友無ければ、則ち陋にして寡聞なり。

字通「寡」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android