コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤雲懐弉 こうんえじょう

1件 の用語解説(孤雲懐弉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孤雲懐弉
こうんえじょう

[生]建久9(1198).京都
[没]弘安3(1280).8.24. 越前,永平寺
鎌倉時代曹洞宗の僧。永平寺第2世。九条相国伊通の曾孫。俗姓は鳥養氏。初め比叡山の円能について顕密と浄土教を学ぶ。また,多武峰の覚晏のもとで臨済宗を学んだが,その指示により,宋より帰った道元に謁して弟子となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

孤雲懐弉の関連キーワード後鳥羽天皇土御門天皇土御門天皇熊野懐紙イブンルシュド興禅護国論水戸城ムンバイ大野荘(大分)吉記

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone