コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円能 えんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円能 えんのう

?-1151 平安時代後期の僧。
18歳のとき大和(奈良県)信貴山(しぎさん)にはいり,つねに阿弥陀(あみだ)仏を念じる。57歳をすぎてある日突然没し,三十余日後にいきかえる。六地蔵の案内で浄土と地獄をみてきたという。のちに金字の5部の大乗経金峰山(きんぷせん)に奉納した。久安7年1月24日死去。大和出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

円能の関連キーワード大村 彦太郎(10代目)千宗室(13代)大日本茶道学会戸田 宗見田中 竹子田中 宗卜高階光子孤雲懐奘千 宗室孤雲懐弉石川宗静千猶鹿子裏千家淡々斎懐奘

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android