コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学信 がくしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

学信 がくしん

1722-1789 江戸時代中期の僧。
享保(きょうほう)7年生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)円浄寺の真誉について出家し,江戸の浄土宗増上寺でまなぶ。のち京都長時院の信培に師事。古月禅材から臨済(りんざい)宗の印可をうけた。安芸(あき)(広島県)の光明院,伊予の長建寺などの住持をつとめた。寛政元年6月7日死去。68歳。伊予出身。字(あざな)は敬阿。号は正蓮社行誉,無為など。著作に「蓮門興学篇」「一念邪正決」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

学信の関連キーワード丸山エレキマッハ主義山崎闇斎金鶏学院原清春陽明学長沢大享保

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android