コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信培 しんばい

1件 の用語解説(信培の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信培 しんばい

1676*-1747 江戸時代前期-中期の僧。
延宝3年12月10日生まれ。浄土宗。京都華開院の息庵のもとで出家。江戸霊山寺の廓瑩(かくえい)にまなび,元禄(げんろく)12年華開院をつぐ。のち京都聖臨庵の性澂(しょうちょう)のもとで戒律の研究に専念。享保(きょうほう)12年(1727)山城(京都府)長時院を再興し,開祖となる。延享4年2月19日死去。73歳。京都出身。俗姓は谷口。字(あざな)は湛慧(たんえ)。号は澄蓮社忍誉。著作に「阿毘達磨倶舎論指要鈔」「因陀羅手」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

信培の関連キーワード竹田出雲(初代)桃園天皇桂川甫筑早野巴人アレクセイ・ミハイロビチゲーリケ光速度集義和書徳川家宣日知録

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone