コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学問行者 がくもんぎょうじゃ

1件 の用語解説(学問行者の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

学問行者

信濃国(長野県)戸隠山の伝説上の開山者。嘉祥3(850)年,雪を戴いた飯縄山に登り,金剛杵を投げて,仏法の栄える地を求めると,戸隠山の宝窟に留まって光を放った。戸隠山に登り,この宝窟にたどり着いて祈念すると,聖観音,千手観音,釈迦如来,地蔵菩薩が出現した。さらに深夜,南方から異様な風が吹き,九頭一尾の大竜,九頭竜が現われて,人間を救うこの仏法の山に大伽藍を建てよと告げ,宝窟を大磐石で閉ざして姿を隠したという。ここから戸隠山の名が出たとする。『梁塵秘抄』にみえるように,平安末期以来,戸隠山は霊験所として著名。<参考文献>『戸隠山顕光寺流記』

(川村邦光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学問行者の関連キーワード高妻山戸隠戸隠高原戸隠山蟻の門渡り信濃路戸隠升麻忍辱学門行者鬼女紅葉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone