コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学問行者 がくもんぎょうじゃ

朝日日本歴史人物事典の解説

学問行者

信濃国(長野県)戸隠山の伝説上の開山者。嘉祥3(850)年,雪を戴いた飯縄山に登り,金剛杵を投げて,仏法の栄える地を求めると,戸隠山の宝窟に留まって光を放った。戸隠山に登り,この宝窟にたどり着いて祈念すると,聖観音,千手観音,釈迦如来,地蔵菩薩が出現した。さらに深夜,南方から異様な風が吹き,九頭一尾の大竜,九頭竜が現われて,人間を救うこの仏法の山に大伽藍を建てよと告げ,宝窟を大磐石で閉ざして姿を隠したという。ここから戸隠山の名が出たとする。『梁塵秘抄』にみえるように,平安末期以来,戸隠山は霊験所として著名。<参考文献>『戸隠山顕光寺流記』

(川村邦光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

学問行者の関連キーワード学門行者

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android