コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯縄山 いいづなやま

6件 の用語解説(飯縄山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯縄山
いいづなやま

長野県北部,長野市飯綱町の境界にある成層火山。飯綱山とも書く。標高 1917m。新第三紀凝灰岩上に噴出した山で,四方に広大な裾野を展開する。山頂は小平坦地をなし,飛騨山脈浅間山八ヶ岳連峰などが展望できる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いいづな‐やま〔いひづな‐〕【飯縄山/飯綱山】

長野県北部にある火山。標高1917メートル。頂上にある飯綱神社は修験道と関係が深い。裾野(すその)は飯縄高原

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

飯縄山【いいづなやま】

長野県長野市北部の山。標高1917m。妙高火山群の一火山で,複輝石安山岩からなり,円錐形の山体は浸食が激しい。数峰に分かれ最高峰が山頂に五社をまつる飯縄山。古来飯縄信仰の本山格にあたり,戸隠修験(しゅげん)により広く普及した。
→関連項目筑摩山地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いいづなやま【飯縄山】

飯綱山とも書く。長野県北部,長野市,上水内(かみみのち)郡戸隠村,牟礼村の境界に位置する火山。標高1917m。第三紀凝灰岩層上に噴出したほぼ円錐形の二重式成層火山。有史以来火山活動は静止している。外輪山の東半部は飯縄山頂から霊仙寺山まで半月形の尾根をなすが,西半部は新しい爆発やそれに伴ってできた瑪瑙(めのう)山,怪無(けなし)山,天狗山などの火口丘群のため原形を残していない。南部の笠山など数個の寄生火山もみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕飯縄山(いいづなやま)


長野県北部、長野市北西部にそびえる成層火山。標高1917m。飯綱山とも書く。上信越(じょうしんえつ)高原国立公園に属す。山頂近くには飯縄神社があり、江戸時代末期まで戸隠(とがくし)山・小菅(こすげ)山とともに信濃(しなの)3大修験(しゅげん)道場の一つとされた。天狗(てんぐ)伝説が伝わる。戸隠バードラインが山腹を通り、西麓(せいろく)の戸隠高原にかけてスキー場・キャンプ場が点在する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯縄山
いいづなやま

長野市の北西部にあるコニーデ型火山。飯綱山とも書く。標高1917メートルであるが、裾野(すその)一帯の飯綱高原が1000メートルほどあるので麓(ふもと)からは2時間ほどで容易に登れる。妙高戸隠連山国立公園に含まれる。第三紀凝灰(ぎょうかい)岩層の上に噴出した山で、山頂近くに飯縄神社があり、高原の凹地には大小十数個の池が散在している。鎌倉時代から修験者(しゅげんじゃ)の道場になった。また飯縄忍法の発祥地とされる。山頂には雑木の小木しかないが、山麓(さんろく)はカラマツ樹海をなす。頂上からは、浅間山、八ヶ岳連峰、北アルプスの全容が眺められてすばらしい。山腹にはスキー場が開設され、山麓は一大別荘地帯をなし、長野市民のレクリエーション地をなす。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の飯縄山の言及

【飯綱使い】より

…飯綱使いの多くは,修験系の男の宗教者であったが,いたこなどの巫女もこれを用いることがあったらしい。イヅナの語は明らかでないが,信州の飯縄(綱)(いいづな)山はこれと関係があるのではないかと考えられている。高知県物部村の陰陽道系の宗教者の間に〈ユヅナの法〉と呼ぶ延命の法が伝えられていることから推測すると,イヅナとは〈命綱〉のことであったかもしれない。…

※「飯縄山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飯縄山の関連キーワード長野県上水内郡飯綱町赤塩長野県上水内郡飯綱町芋川長野県上水内郡長野県上水内郡飯綱町倉井長野県上水内郡飯綱町黒川長野県上水内郡飯綱町小玉長野県上水内郡飯綱町豊野長野県上水内郡飯綱町平出長野県上水内郡飯綱町古町長野県上水内郡飯綱町牟礼

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飯縄山の関連情報