コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学校群制度 がっこうぐんせいど

百科事典マイペディアの解説

学校群制度【がっこうぐんせいど】

学区制のわく内で学校格差を緩和しようとしてとられた高校入試の改善策。各学区に複数校を組み合わせた学校群を数個おき,受験生に特定校ではなく学校群単位で志望させ,合格者を群内の各校に成績順に均等配分する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学校群制度
がっこうぐんせいど

公立高等学校総合選抜制の一種であり、2~3校が一つの群を構成し、群ごとに合格者が選抜される制度。高校進学希望者の増加に伴い、特定校へ志望者が集中するとともに、高校間格差が助長されるような状況に対する改善策として試みられた。
 1967年度(昭和42)に東京都で導入されたのをはじめ、三重、岐阜、愛知、千葉の各県でも実施された。しかし、群間格差が依然として存在し、また生徒の希望が考慮されないために、入学辞退者の増加や公立高校の地位の低下を招くという問題があった。このため、千葉県では3年間実施されただけで78年度から単独選抜制に復帰し、東京都でも82年度から、学区におけるグループ合同選抜方式へ、さらに94年度(平成6)より単独選抜方式をとるようになった。
 近年における入学者選抜制度改善の方向は、むしろ面接、作文、実技検査等による多様な選抜方式の採用や推薦入学制度の導入等に向けられている。[真野宮雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

学校群制度の関連情報