コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学海 ガッカイ

デジタル大辞泉の解説

がっ‐かい〔ガク‐〕【学海】

《「揚子法言」学行の「百川海を学びて海に至る」から》日夜のたゆみない努力の結果、研究を大成すること。
学問の世界の広いことを海にたとえていう語。
「―の新気運に貢献して」〈漱石三四郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がっかい【学海】

〔揚子法言 学行「百川学海而至于海」〕 川がついには海に注ぐように、絶えず学問に励めば、ついには研究を大成させられること。
学問の広大無辺であることを海にたとえた語。

がっかい【学海】

依田よだ学海

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

学海の関連キーワード苧環蒸し・小田巻蒸し・苧環蒸・小田巻蒸依田学海(よだがくかい)張東【そん】演劇改良運動閑話・間話残鶯・残鴬下郷伝芳依田学海百川学海下郷学海揚子法言依田百川素封家劾奏旧物映帯疾雷原由油団点竄