学窓(読み)がくそう

精選版 日本国語大辞典「学窓」の解説

がく‐そう ‥サウ【学窓】

〘名〙 学問を修める所。勉強部屋。また、学舎学校
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・秋夜即事〈源経信〉「多年倦道無成士、漸近暮齢
※梵舜本沙石集(1283)一「南都に永超僧都といふ学生有りけり。学窓に(ひぢ)をくだし、蛍雪の功年積り、碩学の聞こえ有りけり」
※咄本・宇喜蔵主古今咄揃(1678)三「狂句をいだしては貴人高人にも腹をかかゑさせ、如何なる学窓(カクソウ)の智者にも手をうたせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android