コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛍雪 ケイセツ

大辞林 第三版の解説

けいせつ【蛍雪】

〔「晋書車胤伝」による。晋の車胤しやいんが蛍の光で、孫康が窓辺の雪明かりで書物を読んだ故事から〕
苦労して勉学に励むこと。蛍窓。蛍の光窓の雪。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蛍雪の関連キーワード節・竊・切・刹・截・折・拙・接・摂・攝・泄・渫・窃・節・褻・設・説・雪筏井 竹の門旺文社[株]多治比広成近藤 元粋赤尾 好夫吉田宗意雪明かり大田晴斎大塚観瀾赤尾好夫近藤元粋野田珠愛近藤南州萩原祇報田村村資蛍雪の功ホタル窓の蛍窓の雪

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蛍雪の関連情報