コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じゅくprivate school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


じゅく
private school

公的な学校システムの外に位置する私的な学校で,一般に資格を付与する権限をもたない。塾は元来「門の両脇に設けられた部屋」の意で,その小部屋で家族や使用人にものを教えたことから,私的な教育の場をさすようになった。現在,塾の中心的位置を占めるものは学習塾であるが,ほかにもスポーツやそろばんなど,さまざまな稽古事の塾もある。また学習塾にも,学校進学のための受験塾と,授業内容の補習を目的とした補習塾がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅく【塾】

年少者に学問・技芸を教える私設の小規模な学舎。「に通う」「珠算
勉学する生徒の寄宿舎

じゅく【塾】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジュク(呉)
私設の学舎。「塾生塾長塾頭家塾義塾私塾村塾
[名のり]いえ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅく【塾】

児童・生徒に学問・技術を教えるための私設の教育機関。書道塾・算盤そろばん塾・英語塾・学習塾など。江戸時代には、国学塾・漢学塾・洋学塾のほか武芸や芸事などを学ぶ各種の塾があった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【私塾】より

…主として江戸時代の学問,武芸,その他いろいろの芸道に関する民間教育機関をいい,教育の対象となったのは成年である。私塾はいずれの場合も教師の自宅が教場となり,寺子屋と同様に教師と経営者とが同一人物で,これを塾主と呼ぶ。この点では教育者と経営者とが分離している郷学や藩校(藩学)のような学校とは異なっている。…

【読み書きそろばん(読み書き算盤)】より

…六甲とは日のかぞえかたの基本となる干支,五方とは東西南北と中央の方角のことである。 児童教育の機関としては,家塾をはじめ,500戸単位の党と呼ばれる集落に〈庠(しよう)〉,1万2500戸単位の術(すい)と呼ばれる集落に〈序〉が設けられたなどといわれるけれども,詳しいことはわからない。時代がくだって,後漢の王充が8歳のときに入学した〈書館〉には100人以上の児童が在籍しており,簡単な読み書きが教えられた。…

※「塾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塾の関連情報