(読み)じゅく(英語表記)private school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


じゅく
private school

公的な学校システムの外に位置する私的な学校で,一般に資格を付与する権限をもたない。塾は元来「門の両脇に設けられた部屋」の意で,その小部屋で家族や使用人にものを教えたことから,私的な教育の場をさすようになった。現在,塾の中心的位置を占めるものは学習塾であるが,ほかにもスポーツやそろばんなど,さまざまな稽古事の塾もある。また学習塾にも,学校進学のための受験塾と,授業内容の補習を目的とした補習塾がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅく【塾】

児童・生徒に学問・技術を教えるための私設の教育機関。書道塾・算盤そろばん塾・英語塾・学習塾など。江戸時代には、国学塾・漢学塾・洋学塾のほか武芸や芸事などを学ぶ各種の塾があった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅく【塾】

〘名〙
① 門の側の堂舎。門の両わきにある建物。〔爾雅‐釈宮〕
子弟に学術を教授する私設学舎。私塾。私学。
※鳴鶴相和集(1849)与池田草庵書「僕致仕以来、欲塾於静地久矣」
③ 上級校への進学や、珠算、書道など、特殊技能習得のための、学問や技術を教授する私営の学校。
※青い月曜日(1965‐67)〈開高健〉二「英会話ブームで大阪市内に無数の塾や速成学校ができたが」 〔礼記‐学記〕
修学のための子弟の寄宿舎。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【私塾】より

…主として江戸時代の学問,武芸,その他いろいろの芸道に関する民間教育機関をいい,教育の対象となったのは成年である。私塾はいずれの場合も教師の自宅が教場となり,寺子屋と同様に教師と経営者とが同一人物で,これを塾主と呼ぶ。この点では教育者と経営者とが分離している郷学や藩校(藩学)のような学校とは異なっている。…

【読み書きそろばん(読み書き算盤)】より

…六甲とは日のかぞえかたの基本となる干支,五方とは東西南北と中央の方角のことである。 児童教育の機関としては,家塾をはじめ,500戸単位の党と呼ばれる集落に〈庠(しよう)〉,1万2500戸単位の術(すい)と呼ばれる集落に〈序〉が設けられたなどといわれるけれども,詳しいことはわからない。時代がくだって,後漢の王充が8歳のときに入学した〈書館〉には100人以上の児童が在籍しており,簡単な読み書きが教えられた。…

※「塾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塾の関連情報