コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学道用心集 がくどうようじんしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

学道用心集
がくどうようじんしゅう

道元の著書『永平学道用心集』の略。1巻。永平寺修行している雲水たちのために,参弁道するうえに心がけるべき大切な事柄 10ヵ条を示した書物天福2 (1234) 年以降頃成立し,正平 12=延文2 (1357) 年刊行。菩提心を起すべきこと,仏道は必ず行によって証入すべきこと,参禅学道は正師を求むべきことなどが説かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がくどうようじんしゅう〔ガクダウヨウジンシフ〕【学道用心集】

鎌倉時代の仏教書。1巻。道元著。天福2年(1234)ごろ成立。参禅修行上の心得を10か条にまとめたもの。永平初祖学道用心集。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がくどうようじんしゅう【学道用心集】

道元著。一巻。1234年頃成立。禅の修行を志す人のために説かれた入門の書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

学道用心集の関連キーワード孤雲懐弉鎌倉時代一巻入門

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android