学道用心集(読み)がくどうようじんしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

学道用心集
がくどうようじんしゅう

道元の著書『永平学道用心集』の略。1巻。永平寺修行している雲水たちのために,参弁道するうえに心がけるべき大切な事柄 10ヵ条を示した書物天福2 (1234) 年以降頃成立し,正平 12=延文2 (1357) 年刊行。菩提心を起すべきこと,仏道は必ず行によって証入すべきこと,参禅学道は正師を求むべきことなどが説かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がくどうようじんしゅう〔ガクダウヨウジンシフ〕【学道用心集】

鎌倉時代の仏教書。1巻。道元著。天福2年(1234)ごろ成立。参禅修行上の心得を10か条にまとめたもの。永平初祖学道用心集。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がくどうようじんしゅう【学道用心集】

道元著。一巻。1234年頃成立。禅の修行を志す人のために説かれた入門の書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がくどうようじんしゅう ガクダウヨウジンシフ【学道用心集】

曹洞宗の書。一巻。道元の著。天福二年(一二三四)頃の成立。参禅修行の弟子のうち、特に初心者を対象として、修行上の心得を一〇か条にまとめたもの。永平初祖学道用心集。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android