コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学鐙 がくとう

2件 の用語解説(学鐙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

がくとう【学鐙】

丸善発行の読書雑誌。現存のこの種のものとしてはもっとも古い。1897年《学の灯(まなびのともしび)》として創刊。月刊,菊判30ページ。第3号から《和洋書籍及文房具時価月報》(1882創刊)を合併,巻末に新着洋書目録を付す。1902年から《学灯》,さらに03年《学鐙》に改めた。内田魯庵(1901入社)が編集を担当するようになってから内容が刷新され,とくに1902年1月号の〈19世紀に於ける欧米の名著〉に関するアンケートの調査結果が評判になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学鐙
がくとう

月刊PR雑誌。1897年(明治30)3月創刊。初め「学の燈(ともしび)」、また、ときに「学燈」とも表記。丸善発行。新着洋書類の案内を兼ねた評論随筆雑誌として特色をもつ。編集者としては1901年(明治34)よりの内田魯庵(ろあん)が有名。魯庵はモーパッサンなどの翻訳や書物随筆など多数執筆。夏目漱石(そうせき)『カーライル博物館』をはじめ森鴎外(おうがい)、上田敏(びん)、谷崎潤一郎、大岡昇平ら多数の作家たちも寄稿した。またゾラ、トルストイ、メーテルリンク、サルトル、モームなど外国文学書の紹介にも誌面を割いて、明治以来、外国文学移入の窓口の役割も果たしてきた。[大屋幸世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学鐙の関連キーワード熊野懐紙ジーンエコノモ脳炎奥付粕取り雑誌此の世真仮発行者来国俊社債発行費

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone