コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇佐輔景 うさ すけかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇佐輔景 うさ-すけかげ

?-1336 鎌倉-南北朝時代の武将。
出雲(いずも)(島根県)飯石(いいし)郡三刀屋(みとや)太田荘藤巻村の地頭。南朝方に属し,建武(けんむ)3年脇屋義助らとともに山城山崎で足利尊氏とたたかいやぶれる。建武3=延元元年4月名和長年のもとで,九州から攻めてきた尊氏とたたかい敗死した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宇佐輔景

没年:建武3/延元1(1336)
生年:生年不詳
南北朝時代の武将,出雲国三刀屋太田荘藤巻村(島根県三刀屋町)の地頭。左兵衛尉。南朝方に属し,建武3/延元1(1336)年1月10日,東国より上京した足利尊氏軍と山城国(京都府)山崎に戦ったが敗れ,後醍醐天皇の比叡山行幸に供奉する。その後,名和長年に属し,近江から京都周辺で足利方と合戦。同年,九州から再び上京してきた尊氏軍と合戦し,戦死したという。<参考文献>「宇佐輔景軍忠状」(『南北朝遺文 中国四国編』1巻)

(佐伯弘次)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

宇佐輔景の関連キーワード延元日本におけるおもな時代区分宇佐輔景楠木正成楠木正季後伏見天皇少弐貞経相馬重胤千種忠顕土居通増