コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙中継 ウチュウチュウケイ

デジタル大辞泉の解説

うちゅう‐ちゅうけい〔ウチウ‐〕【宇宙中継】

地球を回る軌道に打ち上げた人工衛星を利用して中継し、遠距離へ放送電波を送る方式。また、その方式によるテレビ中継や番組。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちゅうちゅうけい【宇宙中継】

人工衛星を中継局として行われる遠距離間の通信。通信衛星を中継局とする放送など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇宙中継
うちゅうちゅうけい

宇宙空間を利用する無線通信のうち、人工衛星を中継所とする遠距離間の通信をいう。一般的になじみのあるのは、通信衛星を中継所として行われる衛星中継放送である。[後藤和彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宇宙中継の関連キーワード放送史(年表)沖縄返還協定千島列島能動衛星リレー中継局地球

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android