コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙合金 うちゅうごうきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙合金
うちゅうごうきん

宇宙など微小重力環境は,対流沈降静圧,浮力などがない状態であるため,新しい製造方法で新しい合金がつくられる可能性がある。これらの合金を宇宙合金という。地球上では重力の影響で重い物と軽い物とは均一には混合しないが,宇宙のような重力がきわめて小さい環境下では,重力の効果が少なく,比重の極端に異なる物質同士が均一に混合した合金 (偏析のない合金) が作製できる。微小重力下で製造されたニッケルと炭化チタン粒子の分散強化合金は,地上のものに比べ約2倍の硬度が得られている。スペースラブでの実験で,多くの新しい宇宙合金の誕生が期待されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

宇宙合金【うちゅうごうきん】

宇宙空間のような無重力(微小重力),高真空状態で作られる合金スペースシャトル内のような微小重力環境では,地上で水と油を混ぜたときのような比重の差による分離がなく,均一に混合することができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android