コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙旅行病 うちゅうりょこうびょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙旅行病
うちゅうりょこうびょう

宇宙飛行時の無重力状態から起きる悪心,嘔吐などのほかに,大気圏内への帰還後に起きる各種の症状もさす。宇宙船では人間の正常の環境に近い条件が保証されているが,宇宙旅行を終えた飛行士の身体にはいくつかの異常が認められた。行動,摂食,飲水,排尿,排便,呼吸,心拍数,血圧などは正常であったが,体重減少,ストレスと運動不足によると思われる白血球増加症,高圧酸素環境による赤血球減少症起立性低血圧がみられた。また,無重量状態では骨の脱灰と高カルシウム血症をきたすことがあるが,2週間程度の飛行ではそれほど重大な障害はでないといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone