宇宙望遠鏡(読み)ウチュウボウエンキョウ

デジタル大辞泉「宇宙望遠鏡」の解説

うちゅう‐ぼうえんきょう〔ウチウバウヱンキヤウ〕【宇宙望遠鏡】

大気圏外から宇宙観測する望遠鏡大気による光の吸収の揺らぎがないため、詳細な観測が可能となる。米国のハッブル宇宙望遠鏡ケプラー宇宙望遠鏡、日本のひさきなどがある。スペース望遠鏡スペーステレスコープST(space telescope)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android