コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙船ビーグル号の冒険

デジタル大辞泉プラスの解説

宇宙船ビーグル号の冒険

A・E・ヴァン・ヴォクト『宇宙船ビーグル号』の別邦題。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇宙船ビーグル号の冒険
うちゅうせんびーぐるごうのぼうけん
The Voyage of the Space Beagle

アメリカの作家バン・ボークトの冒険SF。1950年作。宇宙怪物と地球科学者の虚々実々の対決を描く。超光速宇宙船ビーグル号は宇宙の探索に出発したが、その行く手には人類の想像を絶する恐るべき生物が待ち構えていた。一見、猫のような怪獣や異星の鳥人、あるいは母星を失って宇宙空間に漂う怪物、さらには第二銀河系全体に無定形の状態で拡散して生存している生命体など。彼らはいずれも奸知(かんち)にたけた超能力をもち、ビーグル号を乗っ取ろうとするため、宇宙船のほうでも人類の英知、情報総合学(ネクシャリズム)を駆使して必死の防戦を試みなければならなかった。[厚木 淳]
『沼沢洽治訳『宇宙船ビーグル号の冒険』(創元推理文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宇宙船ビーグル号の冒険の関連キーワードA.E.バン ボクト創元推理文庫

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android