コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙船ビーグル号の冒険

2件 の用語解説(宇宙船ビーグル号の冒険の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

宇宙船ビーグル号の冒険

A・E・ヴァン・ヴォクト『宇宙船ビーグル号』の別邦題。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇宙船ビーグル号の冒険
うちゅうせんびーぐるごうのぼうけん
The Voyage of the Space Beagle

アメリカの作家バン・ボークトの冒険SF。1950年作。宇宙怪物と地球科学者の虚々実々の対決を描く。超光速宇宙船ビーグル号は宇宙の探索に出発したが、その行く手には人類の想像を絶する恐るべき生物が待ち構えていた。一見、猫のような怪獣や異星の鳥人、あるいは母星を失って宇宙空間に漂う怪物、さらには第二銀河系全体に無定形の状態で拡散して生存している生命体など。彼らはいずれも奸知(かんち)にたけた超能力をもち、ビーグル号を乗っ取ろうとするため、宇宙船のほうでも人類の英知、情報総合学(ネクシャリズム)を駆使して必死の防戦を試みなければならなかった。[厚木 淳]
『沼沢洽治訳『宇宙船ビーグル号の冒険』(創元推理文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇宙船ビーグル号の冒険の関連キーワードスラン宇宙嵐のかなた宇宙製造者宇宙船ビーグル号原子の帝国終点:大宇宙!武器製造業者ロボット宇宙船惑星売りますヴォクシー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone