コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇津木静斎 うつぎ せいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇津木静斎 うつぎ-せいさい

1809-1837 江戸時代後期の儒者。
文化6年7月生まれ。宇津木昆岳の次男。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩士。大塩平八郎にまなぶ。平八郎の挙兵をいさめる。挙兵にしたがわなかったため,天保(てんぽう)8年2月19日殺された。29歳。のち弟の岡本黄石によって,詩集「浪迹小藁(ろうせきしょうこう)」がまとめられた。名は靖,靖道。字(あざな)は共甫。通称は矩之丞,俵二。別号に静区。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宇津木静斎の関連キーワードカルル13世グスタフ4世ヘルバルトオールコッククーパームラビヨフロッシュ大草公弼三枝斐子ムラヴィヨーフ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone