コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇田川興斎 うだがわ こうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇田川興斎 うだがわ-こうさい

1821-1887 幕末-明治時代の洋学者,蘭方医。
文政4年8月15日生まれ。飯沼慾斎の3男。坪井信道,宇田川榕庵(ようあん)にまなぶ。榕庵の養子となり,美作(みまさか)(岡山県)津山藩医をつぐ。また幕府天文台訳官をつとめ,ペリー来航時や日露和親条約をむすぶときの文書翻訳にあたった。明治20年5月3日死去。67歳。名は瀛。訳書に「万宝新書」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宇田川興斎の関連キーワード宇田川準一明治時代蘭方医

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android