コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇田川興斎 うだがわ こうさい

1件 の用語解説(宇田川興斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇田川興斎 うだがわ-こうさい

1821-1887 幕末-明治時代の洋学者,蘭方医。
文政4年8月15日生まれ。飯沼慾斎の3男。坪井信道,宇田川榕庵(ようあん)にまなぶ。榕庵の養子となり,美作(みまさか)(岡山県)津山藩医をつぐ。また幕府天文台訳官をつとめ,ペリー来航時や日露和親条約をむすぶときの文書翻訳にあたった。明治20年5月3日死去。67歳。名は瀛。訳書に「万宝新書」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宇田川興斎の関連キーワード東京芸術大学120周年雑誌ブロートンボーキサイト花崗岩嵐璃寛銚子醤油メキシコ美術粒状組織斑状組織

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone