宇良田唯子(読み)うらた ただこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇良田唯子 うらた-ただこ

1873-1935 明治-昭和時代前期の眼科医。
明治6年5月3日生まれ。北里研究所にはいり,20歳で医術開業試験に合格。ドイツ留学後,明治38年東京で宇良田眼科病院をひらく。中村常三郎と結婚,夫と満州(中国東北部)にわたり同仁病院をひらく。昭和9年故郷の熊本県牛深にかえり開業。10年東京で開業したが,同年6月18日死去。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android